サイト内検索

 

日本臨床腫瘍薬学会以外の団体が主催する講習会の認定手続きについて

2016年12月27日改訂

講習会の認定を希望される主催者様

一般社団法人 日本臨床腫瘍薬学会


日本臨床腫瘍薬学会以外の団体が主催する講習会の認定手続きについて

 平素より日本臨床腫瘍薬学会にご高配を賜り御礼申し上げます。
 日本臨床腫瘍薬学会では、本会以外の団体が主催する講習会(研修会)について、主催団体からの申請があれば、外来がん治療認定薬剤師認定のための講習会(研修会)の単位として認定する制度を設けております。
 講習会の認定を希望される主催者様は以下に従いご申請ください。


1.認定申請にあたり

・下記の「2.申請の手続き」、および「3.申請における留意事項」に従って申請を行ってください。

・認定にあたっては講習会(研修会)のプログラム等に基づき本会認定制度委員会研修小委員会で事前審査を行います。ご申請いただいても認定できない場合がございますので、プログラム等を認定前に公開される場合には、「(申請中)」とご記載ください。

・認定された場合には、講習会(研修会)実施機関において、受講証を作成し、配布してください。詳しくは下記の「4.申請が受理された場合」を参照してください。

 

2.申請の手続き

「外来がん治療認定薬剤師 講習(研修)認定単位申請書」を作成の上、プログラムとともにPDF化して、開催日の1ヶ月以上前に学会事務局(E-mail:jaspo@ellesnet.co.jp)までメールにて申請ください。本会認定制度委員会研修小委員会で審査し、その結果について、回答させていただきます。

 

3.申請における留意事項 


(1) プログラム

・プログラムはがん領域の講習会(研修会)であることがわかる演題名であるものを添付してください。

・プログラムには、講習会全体の時間・講義時間(講義が複数の場合は、各講義ごとの時間)や休憩時間等、時間配分が分かるプログラムを添付してください。


(2) 講習会(研修会)の時間と単位の算出方法

・1時間以上の場合1単位、3時間以上の場合2単位、5時間以上の場合3単位を認定する。

・「単位として認めるもの」として、講演・講座、ケーススタディ、シンポジウム、処方解析、ワークショップ等の進行や実施方法等の説明、ワークショップ・質疑応答に要する時間。

・「単位として認めないもの」として、挨拶、共催メーカー等の特定の製品説明、講習会(研修会)等全体の趣旨説明(全体説明)、休憩時間、アンケート等への記入、参加者への連絡事項等に要する時間。

 

4.申請が受理された場合

・講習会(研修会)実施機関において申請内容および受理書に基づき講習会(研修会)受講証を作成し、講習会の受講生へ配付してください。

・講習会(研修会)受講証は、主催者がご作成ください。(施設名と氏名は受講者が記載することでかまいません)

・変更等がある場合はすみやかに本会にご連絡ください。

 

5.講習会(研修会)終了後

・成果報告書や参加者リストなどを提示いただくことがあります。

 

Word外来がん治療認定薬剤師 講習(研修)認定単位申請書.docx

Word講習会(研修会)受講証.docx