お知らせ




日本臨床腫瘍薬学会およびその会員は、たばこに関し、以下の通り行動することを宣言します。


  1. あらゆる機会に禁煙を推進し、会員全員が非喫煙者となるよう最大限の努力を行います。
  2. 当学会が主催する会合は原則禁煙とし、参加者全員に会場敷地内での喫煙を禁止します。
  3. がん薬物療法を行っている患者に必要な禁煙の指導を積極的に行うとともに、喫煙者の禁煙治療を支援します。
  4. 薬学生の実習指導や学校教育への参加の機会に、たばこの害に関して教育を行うよう努めます。
  5. 受動喫煙の害が、こども、妊産婦と胎児、治療中の患者をはじめ、全ての人に及ばなくなるよう、それぞれの立場で努めます。
  6. 医療者がたばこの販売により利益を得たり、たばこ関連企業から研究助成を受けたりすることは、倫理に反するとの認識に立って行動します。

2018.3.17 JASPO 2018 にて