学会概要





日本臨床腫瘍薬学会 ロゴマーク

4枚花びら状のものが集まっているのは、それぞれ病院薬剤師、薬局薬剤師、医薬品関連産業従事者、大学・行政機関の従事者をそれぞれ表し、そういった多様な薬学関連の人々ががん患者のために集結して協力していく本学会の理念を形にしました。
JASPOの文字がブルーであるのは「青空」を、花びら上のマークの着色は「虹」をイメージし、学会が患者・社会に希望をもたらす存在であろうとする姿勢をイメージしました。

本会を紹介していただくときにご利用ください。



 

学会概要


名称

一般社団法人 日本臨床腫瘍薬学会


所在地

東京都中央区築地2-12-10 築地MFビル26号館5階 (株)朝日エル内


目的

 本会はがん薬物療法に関する学術研究の進歩や科学的根拠のあるがん薬物療法の開発・普及により、抗がん剤による最善の治療効果の実現、副作用の軽減、重篤な健康被害の未然防止を図り、がん医療の発展や公衆衛生の向上に寄与することを目的とします。


事業

がん薬物療法(支持療法を含みます。)に関する以下の内容を事業とします。
 (1)学術大会、講演会、セミナー、研修会の開催
 (2)病院と薬局の連携強化・推進
 (3)臨床研究の支援、情報交換、相互交流の推進、調査研究の実施
 (4)がん患者、家族に対する啓発
 (5)専門性を有する薬剤師の養成・認定