サイト内検索

 

日本臨床腫瘍薬学会 がん診療病院連携研修について

2021.5.12

日本臨床腫瘍薬学会では、主として薬局に勤務する会員を対象に、がんの専門的な薬学管理に加え、医療機関と連携して対応できる薬剤師を養成することにより、外来がん治療を安全に施行するとともに、地域がん医療において、患者とその家族をトータルサポートできることを目的とするがん診療病院連携研修の実施を検討してまいりました。

今般、本学会において、がん診療病院連携研修を令和 3 (2021)年度より開始することが決定いたしました(令和 2 年度はモデル病院で実地研修を開始予定。本格的な稼働は令和 3 年 3月頃募集、同年 5 月に実地研修開始予定)。
これに伴いまして、がん診療病院連携研修要綱及びがん診療病院連携研修コアカリキュラムを別添のとおり定めましたので、ご連絡申し上げます。 

一般社団法人日本臨床腫瘍薬学会 理事長 加藤 裕芳

PDFがん診療病院連携研修_実施要綱(20210213改正).pdf
PDFがん診療病院連携研修_コアカリキュラム.pdf


がん診療病院連携研修終了と見なす研修

がん診療病院連携研修と同等以上の知識と経験と認める基準については、こちらをご覧ください。


■薬局薬剤師

病院(または診療所)での研修歴

病院(または診療所)での過去勤務歴


■病院(または診療所)薬剤師

勤務歴



2021(令和3)年度 がん診療病院連携研修 〔2021年5月より随時研修開始予定〕


[がん診療病院連携研修] 研修病院向け情報

[がん診療病院連携研修] 研修者向け情報

研修病院一覧はこちらからご確認ください。

がん診療病院連携研修病院一覧


■問い合わせ先

連携研修に関するお問い合わせ  

 

2020(令和2)年度 モデル事業 〔2021年1月~3月実施〕


2020年度モデル事業(申込受付終了)