JASPO DI News

JASPO DI News >> 記事詳細

2018/03/08

医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて

Tweet ThisSend to Facebook | by 12A330_臼井

厚生労働省保険局医療課から医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて通知されました。
以下の医薬品の適応外使用について「審査情報提供検討委員会」で検討し、有効性及び安全性の確認された医薬品が薬理作用に基づき処方された場合には、診療報酬明細書の医薬品の審査で認められることとなりました。
情報をご確認のうえ、関係者に情報提供するとともに周知していただき、当該医薬品の適正使用に努めて戴くようお願いいたします。

【一般名】
・イリノテカン塩酸塩水和物
・エトポシド
・シスプラチン
・カルボプラチン
【使用例】
神経内分泌細胞癌
【留意事項】
「肺癌診療ガイドラインの小細胞肺癌の治療」に準じた用法・用量に限る

01_【保医発0226第1号】_医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて.pdf


06:08