JASPO DI News

JASPO DI News >> 記事詳細

2018/01/26

オシメルチニブメシル酸塩製剤の使用成績調査の中間報告の結果について

Tweet ThisSend to Facebook | by 12A330_臼井
厚生労働省医薬・生活衛生局医薬品審査管理課長より、2018年1月24日にオシメルチニブメシル酸塩製剤(販売名:タグリッソ錠40mg・80mg)において、使用成績調査の中間報告結果から注意喚起が通知されました。報告結果(別紙1)からオシメルチニブメシル酸塩製剤使用患者において、ニボルマブ製剤(販売名:オプジーボ点滴静注20mg・100mg)の前治療歴のある患者で因果関係は確立していないものの、間質性肺炎を発現した症例が33例報告されました。
詳細は下記書類をご確認ください。

オシメルチニブ酸塩製剤の使用成績調査中間報告結果について.pdf
別紙1 中間報告.pdf
別紙2 症例リスト.pdf

情報をご確認のうえ、関係者に情報提供するとともに周知していただき、当該医薬品の適正使用に努めて戴くようお願いいたします。
16:46