サイト内検索

 

JASPO DI News

JASPO DI News >> 記事詳細

2021/06/24

2021年6月効能効果追加承認医薬品

Tweet ThisSend to Facebook | by 10A148_山本
2021年6月の効能効果追加承認医薬品の中から、がん関連の薬剤(2品目)を紹介致します。詳細は添付文書、ならびに添付の資料ををご確認下さい。

<効能等変更承認医薬品>(下線部分:追加)
◎グラン注射液75、同注射液150、同注射液M300、同シリンジ75、同シリンジ150、同シリンジM300(協和キリン株式会社)
一般名:フィルグラスチム(遺伝子組換え)
【追加された効能・効果】
○神経芽腫に対するジヌツキシマブ(遺伝子組換え)の抗腫瘍効果の増強
【追加された用法・用量】
〈 神経芽腫に対するジヌツキシマブ(遺伝子組換え)の抗腫瘍効果の増強
ジヌツキシマブ(遺伝子組換え)及びテセロイキン(遺伝子組換え)との併用において、通常、フィルグラスチム(遺伝子組換え)として1日1回5μg/kg(体重)を皮下投与する。
28日間を1サイクルとし、1、3、5サイクルの1~14日目に投与する。
ただし、白血球数が50,000/mm³以上に増加した場合は休薬する。
なお、状態に応じて適宜減量する。

◎イムネース注35(塩野義製薬株式会社)
一般名:テセロイキン(遺伝子組換え)
【追加された効能・効果】
○神経芽腫に対するジヌツキシマブ(遺伝子組換え)の抗腫瘍効果の増強
【追加された用法・用量】
〈神経芽腫に対するジヌツキシマブ(遺伝子組換え)の抗腫瘍効果の増強〉
ジヌツキシマブ(遺伝子組換え)及びフィルグラスチム(遺伝子組換え)との併用において、通常、テセロイキン(遺伝子組換え)として1日1回75万単位/m²(体表面積)又は1日1回100万単位/m²(体表面積)を24時間持続点滴静注する。28日間を1サイクルとし、2、4、6サイクルの1~4日目に1日1回75万単位/m²(体表面積)、8~11日目に1日1回100万単位/m²(体表面積)を投与する。

会員の皆さまにおかれましては、情報をご確認のうえ、関係者に情報提供するとともに周知していただき、当該医薬品の適正使用に努めていただきますようお願いいたします。

18:42 | 効能等追加承認医薬品