サイト内検索

 

JASPO DI News

JASPO DI News >> 記事詳細

2021/03/30

使用上注意の改訂について(デュルバルマブ、セツキシマブ)

Tweet ThisSend to Facebook | by 10A148_山本
2021年3月30日付けで厚生労働省より「使用上の注意の改訂指示」が発出されました。
内容は以下の通りです。
 
●一般名:デュルバルマブ(遺伝子組換え)(販売名:イミフィンジ点滴静注120mg、同点滴静注500mg)(アストラゼネカ株式会社)
「重大な副作用」の項に「免疫性血小板減少性紫斑病」を追記する。

●一般名:セツキシマブ(遺伝子組換え)(販売名:アービタックス注射液100mg)(メルクバイオファーマ株式会社)
「重大な副作用」の項に「低マグネシウム血症」を追記する。

詳しくは、改訂通知、調査結果概要をご参照ください。
【通知】デュルバルマブ(遺伝子組換え).pdf
【調査結果】デュルバルマブ(遺伝子組換え).pdf

【通知】セツキシマブ(遺伝子組換え).pdf
【調査結果】セツキシマブ(遺伝子組換え).pdf

また、その他の品目の改訂については、下記リンクをご参照ください。
https://www.pmda.go.jp/safety/info-services/drugs/calling-attention/revision-of-precautions/0369.html

会員のみなさまにおかれましては、情報をご確認のうえ、関係者に情報提供するとともに周知していただき、当該医薬品の適正使用に努めていただきますよう、よろしくお願いいたします。


18:08